900 〜93(Classic)
6. フロントアッセンブリー.ステアリング

6−2 フロントハブベアリング交換

91yの900で走行時右前よりゴーゴー音がするという事で入庫。
原因はハブベアリングの不良ですが、大体10万km前後でダメになるようです。
ベアリング自体が密閉式(FF車はほとんどこのタイプ)のためグリス切れになって音が発生するようです。
また、全てではありませんがオーバーサイズのタイヤ、ホイール(205/60等)をつけている車に多いように思います。
今回はベアリングを交換すべく作業をしたんですがベアリングに圧入されるハブも摩耗していたというケースです。

SST ステアリングナックルを外す時にはアッパーアームとボディーの間にスペーサーのようなSSTを挿入します。
こうする事でリフトアップした時にスプリングでボールジョイントが突っ張らないため容易に脱着を行えます。
また、ボールジョイントのガタも確実に点検できます。
オーバーサイズのタイヤをつけている場合は要注意です。
プレス1プレスで先ず圧入されているハブを抜き取ってから、ナックルよりベアリングを抜きます。
ハブベアリング ナックルから取り外したハブベアリングとサークリップ。
ほとんど抜き取った時点でバラバラになってしまいます。
グリスはなくなっています。
ハブ1ハブの赤丸部分がベアリングのインナーレースに圧入されていた部分ですが段付きに摩耗しています。
ハブ2 ノギス
圧入されるためにハブの挿入部分
とベアリングの内径の寸法は同一
でなければなりません。
新旧ハブ
左が新品のハブです。
摩耗したハブは段付き部で約0.5mm減っており、このまま組んでも
ベアリングとは確実に固定できません。
プレス2 バラした時と逆の順で組み付けていきます。
ハブベアリングをナックルへ圧入しているところです。
このあとハブを圧入します。
ハブベアリング新品 新品のハブベアリングです。
ハブベアリング    P.No 91 04 209   
サークリップ 2ヶ   P.No 79 72 581   

ハブ          P.No 91 04 159   
ロックナット      P.No 89 65 360      


900cメニュー  サーブメニュー  トップページ